腕時計の電池交換をやってみました

ホームセンターで買った1,000円の安物腕時計の電池交換を自分でやりました

安物なのでテスト用の電池が入っているらしく、ヤマダ電機で買ったSR626SWという小さなボタン電池を500円で購入し帰宅

自分でも驚いたのですが、腕時計の電池交換がこんなに簡単だったなんてやってみてよかったです

腕時計の電池交換方法

まず、裏蓋を100均で買える電池交換工具で開きます

1番難しいのがここですね

この裏蓋がなかなか開かないのなんのって、私はあとで専用工具を買いましたが、マイナスドライバーを差し込んでカナヅチで叩いて開けました

このやり方だと多少キズが付きますからやめたほうがいいです

ボタン電池に電池の種類が書いてありますが、文字が小さくて読めません

ルーペで見てもはっきりせず、たぶん合っているだろうと思われるボタン電池を買いましたが、合っていたらしくぴったりハマってくれました

あとは裏蓋をパチンと音がするまで閉めます

端のほうを親指でぐいっとやるとパチンといきました

全体に圧力がかかるように力を入れたのが良かったのか、難なく裏蓋を閉めることに成功しました

お店に頼むと1,000円するところ、購入費が1,000円なのでそれなら2,000円の腕時計を買ったほうがいいと思ったので自分で交換したところです

こうして私は腕時計の電池交換スキルを手に入れました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする