istick Picoの温度管理モードは超おいしい!

コイルが人並みに巻けるようになって、ようやくMOD本体の操作方法も覚えてきました

いままで温度管理モードを使うと煙がぶわーーっと出てきて、すぐに焦げ付いた味がしていたのですが、ようやく操作方法を理解したのでご紹介します

istick Pico 温度管理モードの選択方法と設定方法

電源ONの状態で素早く3回ファイアボタンクリックでモード選択画面になりますが、Tempreture SSを選択します

私の場合はステンレススチール線で巻いているのでSSを使います

選択したら素早く4回ファイアボタンをクリックします

そうするとWを調整できるのです

これに気づくまでに相当時間がかかっていました

17wの180度に設定しているのですが、VWモードと違うのは、全然咳き込みません

温度管理モードってすごいですね

しかも音が静かになりました

いまのコイルは0.52オームになっています

狙ったΩ値をまだうまく巻くことはできないのです

2.5mmでも、3mmで10巻きしようが、なぜか0.5Ω付近になってしまいます

チェーンスモークするのでリキッドの供給不足を防ぐために出力は低く設定しているのがポイントです

部屋の中は真っ白の世界が広がります

水蒸気をなんとかしたいのですが、除湿機でなんとかなるのかどうか試してみたい気持ちはありますが、持っていません

扇風機を回しているものの、たいして効果はないです

口から吐いた水蒸気の処理ってみなさんどうしてます?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする