手巻きコイルチャレンジに向けて必要な道具

XMホームページ

コイル巻きに必要な道具

  • 精密ドライバー
  • Ωメーター
  • RTA用コイル
  • カンタル線
  • ニッパー

自作リキッドに必要な道具

  • 人口甘味料
  • グリセリン
  • リキッドボトル
  • フレーバー

電子タバコ用品はネットでしか手に入れることができないので通販に頼ります

海外ショップも利用してみたいのでデビットカードを作ろうと思います

コイルの手巻きは初期投資がかかる

お金がどんどん飛んでいく

決して浪費しているわけではないのですが、コイルを交換するより自分で巻いたほうが安いですからね

何にしてもMODの到着が待たれます

輸入代理店から購入したのですが、海外からの発送になってると思います

うーん、先にリビルド用品買っちゃってもいいかなあ

国内のネットショップから買ったほうが時間かからなくてよかったと、価格よりも商品配達のスピードが大事だったといまになって後悔しています

税関ちゃんと通過するかなとか不安にならなくて済んだはずなのに

あっそうだ

自作グリセリンの人口甘味料はアスパルテームではだめらしいです

試してみましたが、甘味がでません

海外だとステビア、国内だとスクロースを使うのが一般的です

普通の砂糖だとコイルが焦げますからだめです

リキッドに混ぜると甘味がでるらしい

グリセリンは元々甘いのですが、蒸気化して甘さを感じません

市販のリキッドは人口甘味料で香料と合わせて味を作るみたいです

コーヒー用のガムシロップは砂糖入ってますからだめですね

成分表みると砂糖なのか人口甘味料なのかすぐわかります

オレンジキュラソーにも糖分が入ってるのでコイルが焦げます

市販のリキッドはお高いので私は自作させてもらいます

15mlで1000円超えるとか吸ってられないです

リアルFX取引口座を開設する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: