万引きされてでもセルフレジを導入したほうが利益が上がる、でも実際には利益が下がる結果になる

近頃セルフレジ導入を考えるお店が増えています

それもそのはず、会社の経費で1番かかるのが人件費なんです

1時間に1000円分の万引きがあったとしても、いなくなったレジ打ちのパートさん1人の給料と相殺できます

そして、パートさんがお金に触れなくなるので横領の心配もありません

経営者からすればセルフレジの導入は最良の選択であるといえます

買い物する側からすれば、レジ打ちの係の人が知り合いであった場合でもセルフレジなら気兼ねなく精算できます

セルフレジ導入は、雇用機会が喪失しその会社が存在する意義がなくなります

歯医者さんになるために大学を出たが、規制によって歯医者になることができなかった

こうなるよりも、歯医者さんになるために大学を出たが、少ない利益ながら毎日がんばっています

となるほうがいいのです

なんでも規制すればいいというわけではないのですが、すでに飽和している歯医者さんになるのは考えものです

タクシーの運転手もそうですね、人気のある職業は儲からなくなる法則があります

会社というものは、人を雇ってこそ意味のあるものになります

おそらく、セルフレジを導入すれば会社の利益は上がりますが、その店で買い物をする理由が無くなります

そうなると必要なものだけを買って帰るという人が増えます

自分の利益にならないことはしたくないのが本質ですから、セルフレジを導入した店は利益が下がるでしょう

人とのつながりが失くなるという欠点がセルフレジにはあるのです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする