ヘビースモーカーがiSMOKEを吸ってみた感想

XMホームページ

iSMOKEが到着しました。購入した翌日のお昼に配達されるなんて早過ぎます。

早速iSMOKEでレギュラーを吸ってみたところ、煙量が全然ありません。

加熱が弱々しく、しょうがないのでヒートスティック連続2回吸いというテクニックを使いました。

余熱10秒では全然だめですね。

2回目がちょうどいい余熱になってアイコス並みになりますが、2回目の途中まででヒートスティックが燃え尽きてしまいます。

アイコス互換機を使ってみたことでアイコスの良さがはっきりと分かります。

iSMOKEは互換機№1だと謳われていますけど、わざわざ同価格帯のiSMOKEを買う必要はないと思いました。

もう他の互換機に手を出すことはしません。純正品が1番です。

ちょっと今思いつきまして、余熱してからヒートスティックを差したらどうなんだということで、やってみたところヒートスティックを差していない状態で加熱することが可能なことに気づきました。

加熱後ヒートスティックを差すこのやり方だと煙量がアイコスと同等です。

タバコを吸っている感じもちゃんとあります。

ということは、iSMOKEの余熱時間は3分間ということですね。

iSMOKEは2回連続吸いができるというか、2回目にようやく吸えるという結果でした。

これからアイコスを買う人は本家のIQOS2.4plusをおすすめします。

タバコを吸うと喉が渇く症状はアイコスでも変わりませんので飲み物は必須です。

プロモーションとボーナス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする