アイコス充電器の蓋を引っ掛ける爪を自力で修理しました。

買ったばかりの正規アイコス充電器本体の蓋爪を引っ掛けるところにヒビが入りました。

一応閉まるのですが、稀に蓋が開いてしまう不具合を抱えてしまいヘアゴムで蓋を閉じるようにしました。

でも面倒くさいからもうやめたい。

そう思って自力で修理することに。

私が編み出した修理方法はアロンアルファでヒビを埋めて隙間を閉じることです。

無事に作業が終わりひと吸いしてアイコス本体でホルダーを充電してみたところヒビの部分から割れてしまいました。

再び同じ修理にチャレンジ。

今度は割れた部分一面にアロンアルファを塗ることができたので接着力が強くなっていることに期待してもうひと吸いして充電してみました。

成功です。

まだ1回だけしか試していませんからまた壊れてしまうかもしれません。

その時はもう諦めてヘアゴムで蓋を閉じるようにしたいと思います。

最後に、修理されたアイコス充電器本体を撮影してみました。

dav

ぼやけてしまいましたが少しヒビ割れの隙間があるもののきっちり蓋を閉じる役目を果たしています。

XMホームページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする