グルーガンで頭頂部ウイッグの補正修理をしてみた。

頭部に粉を大量にかけないと地肌が透けるからパウダータイプの薄毛隠しはもう辞めて、すっかりウイッグ派に転向しました。パウダータイプだとお金かかるから毎月1万円が飛んでいくけどウイッグなら半年で1万円かからない。

頭頂部ウイッグは頭頂部部分が弱くて、壊れるとしたらこの部分。

節約志向の私はグルーガンで頭頂部の補正修理を試みました。

dav

このまま被ると頭頂部が目立ってしまいますね。

実はこれ、元々は頭頂部ウイッグだったものを前髪用部分ウイッグとして使っていて、この上にもうひとつ頭頂部ウイッグを被ることにより私の髪の毛が完成します。

だから下に付けるヤツは不自然でも構わないのです。

2個付けすることで地肌の透けを多少カバーしてくれる。それでも風になびくと透けますけどね。女物だからしょうがない。

男物のウイッグは痒いのですが、女物のウイッグは痒くなくて快適!

この他にも全頭タイプのカツラを3個所持していてコロナによる物流ストップがあったとしてもしばらくは大丈夫。

冬になれば帽子を毎日被っても変に思われないから、もうすぐ薄毛に優しい季節が到来します。北海道住みの人がうらやましく感じるのはこのことを教えてもらってから。

寒い地域は薄毛がバレないとか。

帽子生活だと一瞬でお出かけ準備が終わるから楽ですよね。

XMホームページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする