プルームテックプラスを使い始めて2週間経過した実際の使い心地

XMホームページ

プルームテックプラスのブラックを購入して数日後、ホワイトのスターターキット本体も買って充電待ちがない2台体制を敷きました。

ところがこのホワイト、カチッと閉まらないことが多くて個体差なのか少し不満。

そうしているうちに2週間が経過しました。

プルームテックプラスのレビュー記事は多くが購入して間もない時期に書かれたものです。

実際のところ使い心地はどうなの?

ということを疑問に思うわけですね。

私ので良ければ教えて差し上げます。

582886675

まず、50パフ以上吸うとたばこカプセルの中身がリキッドでべちゃべちゃになって空気の通りが悪くなり、かなり強い吸い込みをしないといけなくなります。

そういうときにはつまようじでたばこカプセルの底に2か所ほど穴を開けます。こうすることで吸い込みが軽くなりますが、その処理が面倒なのでそのまま吸うことが多いです。

たばこカプセルを取り外せばいいのですが、シケテック状態のものを貧乏吸いしてます。

というのも、最初の10パフくらいでニコチンのキック感が全然無くなってしまうのでそうしないと物足りないのです。

あと、たばこカプセルは余ります。

50パフずつで1箱に入っている5個を吸うとたぶんカートリッジにあるリキッドは使い切れていないはずです。リキッドは多めに入っている感じですね。

50パフすると電源長押し対応を迫られるわけですが、そのまま吸い続けてリキッドが先に無くなるという経験をしました。

私の場合、市販のグリセリンを注入してカートリッジを再利用しているためたばこカプセル1個で100パフ以上は吸っています。

そのためたばこカプセルが余らないようになりました。

カートリッジの分解は小さなマイナスドライバーが1本あれば簡単。

一度手順を覚えると次からは容易になります。

カートリッジの蓋が2か所の爪で引っ掛けてある構造なので、そこにマイナスドライバーを順番に押し込んで持ち上げるだけ。

その下にあるコイルもちょうどマイナスドライバーが差し込める穴が開いていて引っこ抜けます。

あとは丸くて薄いコットンのようなものと、同じく丸いプラスチックを取り出しグリセリンを投入。(真ん中の穴に入れないように注意)

取り出した部品を元通りにしてカートリッジの復活が可能です。

しかもこの再利用したカートリッジが何回も使えてかなりお得。

現在プルームテックプラスのたばこカプセルは4種類しかなく、すでに味に飽きました。電子タバコ用のリキッドを吸ってみようかなと思っていますが、匂いがしないプルームテックプラスにそれはご法度じゃないかとまだ踏み切れません。

アイコスと併用で紙巻きたばこを吸うのをなんとか我慢できるようになれた私は禁煙に向かって突き進んでいます。

JTの株価が下落してきているのは、もしかしてプルームテックで禁煙に成功した人が多数出ているからじゃないかと予想。

喫煙率が下がってきてますから、少数派は今後根絶やしにされます。

そうなる前にやめます、たばこ。

プロモーションとボーナス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする