IEEE 802.11ax wifi6は本当に速いのかスピードテストしてみた結果報告。

自宅の光固定回線がテレワークで遅くなっていることから遂にIEEE 802.11axを導入した私ですが、本当に速度が上がっているのかスピードテストしてみました。

速度測定時刻は夜21時頃です。

まずは11a。

11a

そして11g。

11g

最後に期待の11ax。

11ax

3つともPING値が遅いのですがしゃーない。

1回ずつしか速度測定していない結果なら11aが1番快適であることが分かりました。

そもそも使っているルーターがファームウェアの更新で11ax対応になっただけで元々は11axをサポートしていないものですから参考程度にしかなりません。

11axよりもIPv6接続のほうが期待できるかもしれないので試してみたい気持ちはありますが、ルーターの買い替え費用がバカにならないので挑戦はやめておきます。

余っているルーターが自宅に3つあるのです。

ダウンロード速度だけなら11axが快適に感じるレベルであることが分かったので、速度が遅いなあと思ったら11aから11axにwifi回線を切り替えてみるつもり。

光固定回線のwifiをもってしてもテレワークの回線混雑を回避することはできていなくて、コロナが去るまで耐えることになるでしょう。

XMホームページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする