FUJI Wifiの回線状態を劇的に改善させた方法は無線LAN中継器の使用でした

XMホームページ

ポケットwifiがどこでもつながるソフトバンクのLTE4G回線に対応しているからといっても、固定光回線のように安定したインターネット状況を作り出すことは不可能。

しかし、私はFUJI Wifiのクラウドプランを12ヶ月分おまとめ払いしてしまったために、アップロード速度を改善しようと必至に考えました。

ちょうど使っていなかったNEC製の古い無線LAN中継器が1つ余っていたので、これをGlocal_me G3にブリッジモードで接続してみたところ、PING値やダウンロード速度、アップロード速度のすべてを改善することに成功しました。

速度計測してみたのでこちらをご覧ください。

fuji-wifi-chuukei

ケーブルは使っていません。wifiのみです。

以前の速度計測結果がこちらです。

fuji-wifi-test

大成功です。素晴らしい!

中継器として無線LANを間に入れるとき、ルーター側の設定はGlocal_me G3のWi-Fi名とパスワードを使います。そして、接続は直接無線LAN中継器につなぐのではなくGlocal_meG3へつなぎます。窓の近くにポケットWifi、間に中継器、パソコンの順番になるよう置くと電波の通り道が出来上がるのでいいかもしれません。

中継器が電波を広げて届けてくれるため電波状態がかなり改善されましたから、鉄筋コンクリートマンションにお住いの人で回線が重いなあって人はお試しください。

私の場合、インターネット回線がかなり軽くなったように感じました。体感では固定光回線並みです。

プロモーションとボーナス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする