ACアダプタ付きUSBハブは消費電力を安定供給するから接続が常時安定します

XMホームページ

以前、USB接続のUSBハブを購入しました。

ところが、マウスが突然動かなくなったりするのでお役御免ということですぐに使わなくなりました。

今回はその失敗経験からACアダプタ付きのUSBハブを購入することにしました。

買ってきた商品がこれです。

u3hs-a420sbk_03

USB差込口が全部で4つあって、そのすべてがUSB3.0接続の優れもの。

3,600円でした。

化粧箱にはwindows10に対応しているとは書かれていなかったため、買うか迷ったのですが化粧箱に貼ってあるwindows10対応のシールを信じて購入。

ドライバが配布されているのかと考えて探してみたものの見つからず、そのまま使ってみたら大丈夫でした。

私のノートパソコンにはUSBポートが3つしかないのです。

マウスとキーボードを有線接続して余ったポートではプリンタと外付けHDDとフラッシュメモリを使っていました。

USBの抜き差しが面倒になってきたのと一緒に買ったノートパソコン用冷却台のUSBポートを用意しなければならなくなって、絶対に欲しかったもの。

バスパワータイプのUSBハブだと電力が足りずに機器が落ちてしまうことが良くありますが、セルフパワータイプのUSBハブだとそんなことが一切起きず、私のパソコンライフをもっと快適にしてくれました。

ただし、消費電力が上がってしまうので何のためにノートパソコンを使っているのか分からなくなりました。

次のパソコンはデスクトップにしようと思います。

プロモーションとボーナス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする