FXの年間収支がプラスである人の割合と私のトレード戦略

XMホームページ

為替相場で飯を食うことはそんなに難しくありません

一般的に言われているFXの勝ち組が10%という数字、これを証明するためのデータはなくFX会社が公表したことがあるデータが唯一信用できる数字になります

それによれば年間収支がプラスである人の割合は多い年で約37%いたみたいです

これは為替相場が円高から円安に転換したときで、史上最も簡単なロングするだけのチャートだったからですね

例の民主党政権がようやく倒れて自民党が復権したとき、誰もが円安になると予想したことは確かな記憶です

通常、年間収支がプラスである人の割合は過去の統計から17%を基準ラインにして変動していることが分かっています

1番悪い年でも10%超えしていたりと、インターネット上に転がっている情報はまったく当てになりませんので、人脈をフル活用して得た私の情報は少しお金がかかりました

FXで年間収支がプラスになるためにどういうトレードをすればいいのか、ということをきっと知りたいと思っている人がこのサイトを訪問してきたはずですから、私が磨きをかけてきた自分のトレード戦略のことをお話します

まず、何か特別な手法をもっているわけではないことを言っておきます

順張りと逆張りをチャートに合わせて使い分け、できるだけ引きつけてからポジションを入れることを徹底しています

今週のチャートであれば順張りの押し目買いと戻り売りがかなり有効でした

とにかくチャートを見続けてここだと思えるところを狙っていきましたが、時間がある専業トレーダーだと利益が出しやすかったはずです

FXの収支を向上させるには経験値が大切で、戦略は誰もがやっていることと同じであり、ただ運が良かったというトレードも数多くあります

毎日頑張っていれば自然と運は向いてきますので、あきらめない気持ちだけが必要だと思います

プロモーションとボーナス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: