8月1日にハードフォークが行われると一体どうなるのか

XMホームページ

ビットコインの分裂問題は、8月1日では終わらないと言われています

互換性のない2つのコインが誕生することがビットコイン保有者に不安を与え価格暴落につながっています

それでは、実際にハードフォークが行われるとどうなるのか

備えあれば憂いなしということわざがあるように、知っていれば怖くないビットコイン問題について考えてみましょう

ハードフォークが行われたときにビットコインを保有していると1:1の割合で新しい2つのコインを自動的に保有することになります

ユーザー側では何の問題もありません

単にビットコイン側で処理されるだけなのです

以前、イーサリアムが2つに分裂したときには取引所がどちらかのコインしか扱わない場合があるという問題が生じました

実際にはどちらのコインも扱っている取引所がほとんどです

ハードフォークによってビットコインの売買が売り優勢になっているのが今ですが、それほど危険というわけではないことが分かります

イーサリアムのように、クラシックとして生き残るので2つのコインに価格差が生じることが考えられますが、無くなるわけではなく保有するビットコインが0になるということは絶対にありません

騒がれているほどハードフォークは危険ではないのです

プロモーションとボーナス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする