BluetoothヘッドフォンとBluetoothアダプタで音を無線化してみました

さっきの記事の続きです

Bluetooth製品を初めて買いました

今回買ったのは、デスクトップパソコンにBluetooth機能を付けるためのアダプタとそれに接続するヘッドフォンです

なんとこのヘッドフォン1万円しました

ただ無線化したいだけのために1万円はお高いのですけど、この商品を買って失敗したと思いました

できるなら返品したいです

audio-technicaのワイヤレスヘッドフォン・・・

まず設定が難易度高いです

アダプタのほうは説明書に書かれているアドレスに飛んでソフトウェアをインストール必要がありました

その後なかなかヘッドフォンとペアリングできないと思っていたらBluetoothをオンにしなければなりませんでした

ペアリングがうまくいったもののなぜか初期設定が消音化で音が出なくてあれこれいじっていたらなんとか音が出るところまでこぎつけました

しかし、しかしですよ

出た音が最悪の音質でかないません

音漏れがひどい

もうなんか悪いところがいっぱいあるヘッドフォンなんです

音質がどれくらい悪いかというと、100均のイヤホン以下だと思います

音量が上がったり下がったりするし、音漏れしないためにはヘッドフォンに付いてる音の調整ボタンで細かく設定してあげる必要があります

それは無線で使っているからなんですが、有線だと音はまあまあ良くなりました

音漏れはどうにもなりませんから、音量しぼって使うしかないです

これは予想外の商品でした

自分が思っていたのと全然違います

このヘッドフォンが1万円だなんて値付け間違ってますよ

もう買ってしまったので、使うしかないです

追記 私の設定が悪かったみたいで、消音オンで使うとけっこう音質のいい商品でした。ただ、音漏れが若干気になります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする