コットンワークでドライヒットは防げる!ふんわりもふもふがベスト

カンガーテックのアトマイザーを使っています

高いW数や高温でVAPEを使うとドライヒットしますね

そこで対策が成功した体験談をお話します

ドライヒットというのはリキッドの供給が追いつかずにコイルが空焚きしている状態です

それはコットンの量を減らすことで防ぐことができます

液漏れとコットン量の兼ね合いをうまくとることが必要です

コットンが少なすぎると液漏れが多発してしまいます

コットンはふんわりもふもふがベストです

デッキの穴を少ないコットンで上手に塞ぐことができればドライヒットすることなく、チェーンスモークが可能になります

私は液漏れしたくないためにコットンをいままで詰め過ぎていました

液漏れを経験しなくなってから、今度はドライヒットに悩まされる

しょうがないのでコットンの量を減らしてみたのです

すると、液漏れもしないしドライヒットもしない

遂にベストなコットンワークができるようになったのです

自分が思っていたコットン量よりもずいぶん少ない量で大丈夫でした

コットンって500円も出せば大量に買えます

絶対に使い切れないであろう量を保有しているので、わりとすぐに交換してます

違うコットンがいいと思って買い足したりすると一生分のコットンを手に入れてしまうことになります

余ったコットンは乳液を顔に塗るのに使っています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする