ポケモンGOが日本にもたらす好影響を考える

ポケモンGOの日本配信が始まりました

さっそくダウンロードしてプレイしてみた人も多いと思います

私はまだです

ユーザーが殺到しすぎてサーバーが落ちているみたいですね

人気っぷりがものすごい

このポケモンGOをやる人が増えるとどういうことが考えられるかについてお話したいと思います

ポケモンGOは、イベントである

たくさんの人たちが同じ場所に集まってイベントをやる

これは芸能人がやっているビジネスに似ています

人が集まればどうなるか

周辺の飲食店にお金が落ちます

イベントをやった場所の周辺は、好景気になるのです

どんな経済政策をやろうが、個人レベルでたくさんのイベントをやることに勝るものはありません

どんどん消費が上向きます

お金は循環させるものなんです

紙幣の発行枚数が減ったわけではないのに不景気ですよね

一部のお金持ちがお金を流していないことが原因だと言われています

誰かに用事を頼まれたらその会社の社員でなければお金をもらうことができません

人に頼みごとをするということは、タダで仕事をさせているということなんです

海外の人が日本に来ると、どこへ行ってもお金が必要なので優しい人が多い地方を旅行先に選ぶ人がいます

日本よりもタイのほうが物価が安くて人気があります

経済が発展した国は、なんでもお金をとるビジネスが流行ります

ポケモンGOは任天堂が作ったゲームではなく、Nianticという海外の会社が作りました

それなのに任天堂株が爆上げしています

あれ、なんか変ですね

任天堂にはポケモンの使用料しか入らないはずなんですよ

課金することにも否定的ですから利益が上がらないのに、株価が上がる

ポケモンGOで儲かるのは任天堂だけではないのですよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: