Kanger Tech top tank miniの液漏れに悩んでいる人必見!対策方法は以外と簡単

VAPEを使い始めて数ヶ月、温度管理ができるMODに切り替えて2週間程度の若輩者です

電子タバコを使う人のほとんどが禁煙が目的だと思います

リビルドできるアトマイザーって液漏れしますよね?

元々の構造が液漏れしやすいというか、液漏れ必至な作りになっているので、空気溝が上についているタイプでないと漏れます

リビルドしやすいアトマイザーでなおかつ液漏れが少ないカンガーテックのトップタンクミニを私は使っています

液漏れ対策はコットンの量を増やすこと

リキッドを注入するときがたぶん1番液漏れします

空気溝をふさいだとしてもあまり意味はないです

なので、とにかく漏れなくなるまでコットンを追加していってください

上蓋ギリギリまでコットンを詰めるとたぶん、もう漏れることはないです

コイルに重ならないように付属のドライバーでぐいぐいとコットンを押し込んであげればよいです

リキッド供給する穴をできるだけふさいであげるようにします

リキッドの供給不足になってイガッタことは1度もないです

20Wくらいで吸うことが多いので50Wだとイガリます

グリセリン濃度は85%のケンエーのを使っています

濃度が上がると粘度が上がるので、100%のものだともっと漏れなくなると思います

コットンにグリセリンが染み込む速さが違いますから

私の場合、コットンの量を増やしただけでまったく液漏れしなくなりました

リキッド注入のときも全然大丈夫です

リキッドはRBAデッキの上蓋より下のほうが漏れが少ない傾向があります

満杯までリキッドを入れてしまうと空気溝が濡れ濡れになってしまった経験をしました

これでもう液漏れとはサヨナラできます

アトマイザーに糖分はNG!?

オレンジキュラソーで甘み付けをしていますが、RTAできるタイプのアトマイザーは目詰まりしないのでコイルに焦げ付く程度で済みます

よくコットンはオーガニックコットンが味が出るしケミカル臭がないと言いますが、私は味覚がわからない方なので普通のコットンと比較しても味の違いがわかりません

そこらへんで売っているコットンが利用できるので味覚の鈍感さがコットンを選びません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする