温度管理ができる電子タバコは異次元レベル

まず、出力が違うのでミストの出方が半端ないです

そして味がよく出ます

自作リキッドのレビューをしていたのですが、全部吸い直したいくらい別物です

ペンタイプのego系電子タバコではおもちゃ程度の代物だとわかりました

これからは温度管理の時代、絶対にBOXタイプのMODを手に入れたほうがいいです

電子タバコのミストは甘くておいしい

まだグリセリン単体では吸っていないのですが、甘いです

口の中に甘さが広がります

酷評したFAのイタリア製海外リキッドのバニラタヒチは、最高にうまかった!

ブラックベリーも吸いなおしてみましたが、なかなかいけます

でもブラックベリーちょっと臭いです

いままでリキッドに甘さを付けようとスクラロースを入れようとしていました、要らないです

もう十分甘くておいしいのでフレーバー程度のリキッドさえあればどれを吸ってもたぶんおいしく感じるはずです

オレンジキュラソーもついでに吸ってみましたが、やっぱりおいしい

だんだん甘さに慣れてきて、どうやって甘さを消そうかと考えたりします

メンソールも吸ってみたいけど口に咥えるところがプラスチックなのでドリップチップの交換が必要ですね

istick picoのアトマイザーは直径22mm以上でも使える裏技がある

510アダプターを使います

これで高さが余裕でバッテリーの蓋の上を越えます

カンガーテックのmini pro tank 3につけてみましたが、通電しませんでした

アトマイザーによって動作しないことがあるようです

これはちょっと残念でした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする