温度管理ができる!Eleaf i stick picoとkanger tech top tank miniで電子タバコ生活をスタート

さて、MODが到着しましたので、これから禁煙をがんばっていきたいと思います

リビルド用品も買い込んで、毎週のようにポストに電子タバコグッズが届きます

ポスト投函タイプの配達って便利です

Eleaf i stick picoとKanger tech top tank miniを使ってみた感想

picoに入れてるリチウム電池はソニー製18650のVTC5です

この電池が1番パワーがあると評判だったので、これを選びました

さっそく吸ってみたのですが、吸っているのでなく吸わされている

煙がぶわーーーっと口の中に押し込められていく感覚です

若干音が大きいのですが、うーん、それほど気にはなりません

いままで使っていたバッテリーはegoの650mAhのやつだったので相当長持ちします

ソニーのVTC5は2600mAhですから4倍長持ち

予備の電池も用意してあるので充電器で交互に使います

電池入れ替え式MODのいいところですね

待機時間がないです

アトマイザーの液漏れは全然大丈夫です

コットンの詰め方がポイントになりますが、丸1日以上リキッド満タン入れっぱなしでもまったく液漏れしていません

RBAデッキの穴が高い位置にありますが、リキッドがその穴を下回ってもなぜかスムーズに供給されます

どこからリキッドが進入しているのか謎ですが、最後までリキッドを使い切れます

RBAデッキについてるコイルだと温度管理モードが使えないようで、VWモードで作動させています

0.3オーム値くらいで20wでミストが大量です

20w以上にすると熱くて吸えないという難点があるので、やっぱり温度管理できるコイルで早く試してみたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. サワイ より:

    はじめまして。

    初心者なんでよかったらいろいろ教えてもらいたくてコメントしました。istick pico75wを購入したんですが設定方法が全くわからなくて w数をあげたら火傷しそうになります。w数をあげて爆煙にするにはどおすればいいですか?

    返信よろしくお願いします

     

    • オレンジ より:

      適正W数というのがあって、グリセリン比率が100%のとき15wから40wが使用できるw数になります

      私はグリセリン80%くらいで15wで吸っています

      コイルは0.5オーム程度にしていますが、これでも私的には爆煙です

      w数高めで焦げた味がするなら供給不足になっていますから、コットンの量を減らすか、グリセリンに水を足しますが、液漏れすると思います

      w数を上げるのではなくΩ値をもっと下げたコイルを使ったほうが無難だと思います