Kanger Tech top tank miniの使い心地レビュー

アトマイザーと本体を別々に購入しました

なんでカンガーのスターターキット買わなかったの?っていう人もいると思いますが、諸事情によりそういうことにしました

元々買おうと思っていた電子タバコはこれではなかったのです

ego one megaアトマイザーとバッテリー本体を温度管理ができるMODを買おうとしていました

まあ、予定変更して別のリビルドできるタイプのものを再チョイス

セット販売のものと比べても価格差はないですから

ego one megaアトマイザーもリビルドできるのですが、カンガーのトップタンクミニのほうが簡単そうでしたので

そして、MODはまだ到着していません

アトマイザーだけ先にきてしまいました

こういうことになるからスターターキット買ったほうがいいよ

Kanger Tech top tank miniの使用レビュー

とりあえずアトマイザーを分解してRBAデッキなるものを装着

このRBAデッキね、コイルは装着してあるけどコットンが通してないので自分でコットンを詰めてあげる必要があります

途中でネジが1本余ったけど気にしないで組み立て、自作リキッドを入れて放置

そうしたら液漏れ発生!

やっぱりネジいるのかよなんて思ってきちんとネジを締めてみました

それでも漏れる漏れる、盛大に漏れる

今度はコットンの量を可能な限り増やしてデッキに詰め込んでみました

細かくちぎったのを詰め込んだわけではなく、1本の長いコットンをぎゅーっと詰め込みました

8時間放置しても液漏れなし!

RBA初心者の私でも液漏れ対策がうまくいくアトマイザーです

巻いてあるコイルの下に空気を取り込むための穴があるのですが、どうやらそこから空気穴に漏れ出す仕様のようです

カンガーテックのミニプロタンク3を使ったことがありますが、あれは空気穴が点でまったく漏れません

本格的なアトマイザーは空気穴が広くて液漏れするのは仕様というのもうなづけます

今回はコットンの量を増やすだけでうまくいきました

あっ、使用レビューでしたね

MODがまだ到着していないので使えません

egoバッテリーに装着して吸おうとしたところ、バッテリー側から煙が出て、バッテリーが壊れました

egoに抵抗値の低いアトマイザーは無理です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: