自作リキッドにあるものを混ぜるとおいしくなる魔法の材料

電子タバコの自作リキッドを毎日作ってます

もちろんオリジナルレシピでやっています

フレーバーでは味はでません

味の出し方、これが私のテーマになっています

オレンジキュラソーは魔法の材料

前回、オレンジキュラソーを使ったときはコイルに糖分が焦げ付いてしまったのですが、私なりに考えて答えをだすことができました

グリセリン8:オレンジキュラソー2で調合したのですが、オレンジキュラソーの量がだいぶ多いことに気づきました

グリセリン10mlにオレンジキュラソー5滴

これです

そこにFAのアンバーを数滴入れてみたところ、煙を吐いた瞬間に広がる甘味を感じることができました

フレーバーはただの香りづけなのでそれ単体では味がないです

フレーバーアートのリキッドを舐めてみるとグリセリンがベースになっているので甘く感じます

でも水蒸気にするとグリセリンは無味なんですね

そこで甘味を出すためにオレンジキュラソーを入れます

まだ試していないのですが、ステビアとスクラロースを入れてみたい

噂によるとこれで甘味をつけるのが正解らしい

今回はオレンジキュラソーで代用してみたのですが、まあまあおいしいです

市販のリキッドには及びませんが、簡単に味付けすることができました

ぜひお試しください

まだ少ししか吸っていないのですが、焦げ付く様子はないです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする