三角持ち合いからのブレイクアウトはレジスタンスラインがサポートラインになってからエントリーする

XMホームページ

トレンドラインを引くと意識されてる価格がわかる

MT4の画面にラインを引いていらっしゃる人、たくさんいると思います

それじゃあどのラインが1番重要なのか

結局のところラインが反応してくれないとわからないです

どこで反応するかなんて誰にもわかりません

とりあえず引いておけばいいですね

引いておいて反応したラインが重要なラインということです

誰が見ても高値・安値のポイントは意識されやすい

三角もちあいの中にローソク足があるときそのラインが正しいのかを判断するのではなく、そういう形になっているとわかることが大切です

ラインだけを信じてトレードする必要はないのです

トレンドラインとテクニカルの組み合わせでトレードの精度は高まります

FX市場がお休みの日にラインを引いても意味がない

チャートから相場の勢いが感じられないからです

ローソク足を見ているほうがラインを引くよりもいいかもしれない

ラインが引ければ勝てるようになるわけではないのです

市場参加者がどの価格を意識しているのかを把握するためにラインを引いているというのが正しい

仮に真横にトレンドラインが引けたならそのラインは超重要!

そしてそれを必ずと言っていいくらい突破します

ラインを突破してからエントリーしたほうが間違いなく勝率は高い

ブレイクアウト戦略なら、レジスタンスラインがサポートラインになってからエントリーしましょう

XMのFX口座開設方法をわかりやすくご案内します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする