マウスコンピューターの超小型スティックパソコン使用レビュー

マウスコンピューターのスティックPCはメモリースティックみたいな形のインターフェイスの中にパソコンが入っています

HDMI端子がついていて差し込むだけでテレビでもウィンドウズパソコンになってしまうものです

大きなテレビ画面で使えるのが何よりのメリット、スマホの小さい画面で見るよりもいい

ただ、キーボードとマウスは別に用意する必要があります

安物なら2000円あれば足りるでしょう

動作はそれほど速くないですが、十分使えるレベルです

超小型スティックパソコンMS-NH1レビュー

今年初めくらいのころ、バカ売れして品薄で手に入りにくかった製品をついに買ってしまいました

仕様

OS ウィンドウズ8.1

CPU Atom1.33Ghz/2MB

ストレージ 32GB

VGA インテルHDグラフィックス

外部接続 USB2.0

サポート 1年間無償保証

無線LAN Bluetooth搭載

という代物です

CPUはなんと4コアなんです

以外と性能がいいですね

1.33Ghzであるものの、4コアのおかげなのか思っていたよりもサクサク動きますが、動画は厳しいか

コストパフォーマンスがすごくいいですよ

1万円台でデスクトップパソコンが買えたような喜びです

アイフォンよりこっちのほうが使用感がいい

スマホよりパソコン慣れしているからかもしれない

2台目のパソコンに適してます

パソコンが壊れてしまったときのための予備にと思ってます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする