ヤクルト優勝「また畠山の一振りで勝ちました」

プロ野球選手の高齢化が人気を下げる

巨人戦の視聴率が低迷したままです

松井選手がメジャーリーグに行ったあと、ライバルであるペタジーニを獲得したなんでもありの読売巨人軍ですが、ファンもそっぽを向いたのか野球の人気も影を落としてから長いトンネルに入ったまま抜け出せないでいます

さらに、将来の4番を期待されていた大田が活躍できないなどの事情もあって私は巨人戦を見ることがなくなりました

FA制度は巨人のオハコ

高橋や阿部、生え抜きの選手は年をとっています

本来、引退すべき選手がまだ残っている

そこでですよ、ヤクルトの川端をFAで強奪すればいい

山田はイチローを彷彿とさせるタイプの選手ですが、FA取得がかなり先なんです

川端なら来年FA取得できますから

いや、来年まで待つ必要はない

畠山を獲ればいい

きっと巨人フロントは誰も選手の高齢化を気にしていないので考えていると思います

実際に動くかはわからないけどね

クライマックスシリーズが開設されてから3位までに入れるならいいという気持ちです

また畠山の一振りで勝ちましたなんてヤクルトファンのツイートをいつまで見ていればいいのだろう

だから私もつぶやいてますよ「また畠山の一振りで勝ちました」ってね

ヤクルトファンに間違えられそうな巨人ファンです

143試合制のリーグ対戦なら75勝が優勝ライン

もう少しだったなあ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする