コンビニコーヒー戦争はなぜ起きたのか?

コンビニの戦略

コンビニの売り上げを伸ばすためにはどうすればいいでしょう

メディアで取り上げられることが第一です

夕方のニュース番組で話題作りをすれば客足は増えます

マスコミの情報操作でトレンドが変わり、コーヒーが新しい商品であるかのような錯覚を起こさせている

コーヒーでしばらく引っ張ったあとに、宣伝効果が薄れてきたので次ドーナツでいきましょうとセブンイレブンが先陣を切ってレジ横にドーナツを置き始めました

でも、ドーナツ売ってる店舗をあまり見かけないです

ドーナツ失敗だったかとセブンイレブンも反省していることでしょう

そこでやっぱりコーヒーだということで

アイスカフェラテを推してみる作戦に

ただのコンビニでこれだけ盛り上げてくれるコンビニの経営者は凄腕ですよ

商品ではなくサービスに力を入れる

ほとんど定価で販売されていて、絶対にスーパーのほうが安いはずなのに、商品以外のサービスに力を入れて、例えばATMは便利ですよね

ATM目当てにコンビニに行くことを何度も経験しています

それからコピー機、これもよく使います

ついでにお茶とお弁当を買って帰る

仕掛けられた罠に見事はまってしまっています

お茶がまずい

ペットボトルのお茶は東京で作ったりしているのでまずかったですよ、昔は

東京の水はまずい、でも1番消費する地域だからそこで作るしかないのです

他で作ると輸送代がコストになりますから

というよりも消費に間に合わないのかもれません

つい2時間前にコンビニ行ってきたばかりです

夜に外出したいときって行く当てもないし、コンビニで何か買って帰るのが習慣になっています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする