トンカツ屋さんをやりたかったが断念

トンカツ屋をやりたいと思ったわけ

少し前の話ですが、トンカツ屋を経営したかったときがあって考えたすえ、断念したことがあります

飲食店なんて星の数ほどありますが、その中からなぜトンカツを選んだのか、なぜならば

豚肉を薄く伸ばして衣を厚くつければ原価が安く済むからです

それを800円程度で出したい

近頃の飲食店は原価率がえらく高いらしいのですが、それだと来店客数が多くないと赤字になってしまいますね

人件費が1番経営を圧迫すると思いますが、薄利多売のやり方は疲れます

焼肉食べ放題のお店も儲かりそうだ

トンカツ屋以外にも候補はあったのですが、仕入れに難があるのでできなかったのが焼肉食べ放題のお店です

牛肉は高すぎるので無理です

よっぽどいい仕入れルートがなければ焼肉食べ放題で3000円の値段設定になります

全国チェーンの安いお店だと1000円台ですから近所に店舗を作られれば廃業するしかない

店舗を移動するなんてお金のかかることはできないので敗北宣言します

儲かるとライバル店ができるのが世の常です

いくらおいしいお店でも値段設定が違いすぎると無理があります

どこかの牧場経営者や卸業者と手を組まないことには商売が成立しません

そんなわけでトンカツ屋を選んだのですが、お金の都合で断念しました

店舗を借りて内装をいじるだけでも相当お金がかかりますから、今の給料と比べて一国一城の主というやりがいだけではなかなか踏み切れませんので

いまもやりたいとは思っていますが、もっと割りのいい商売ないかなと探しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする