価格破壊が進んだメガネが安くて素敵

昔はメガネ1本買うのに数万円支払ったものです

フレーム選んでレンズはどれにするか、乱視なので割高になりますとのこと

それがいまではレンズ込みで1万円を切ります

数千円のメガネまで扱っているお店もありますね

若かったころ、コンタクトレンズというものが販売されてメガネなしでよく見えると感動したころが懐かしいです

ソフトのコンタクトレンズだと2年経たないうちに見えづらくなってよく買い替えに行ったのを覚えています

乱視ならハードレンズがいいと知り合いの人に言われて数年前からつけているのですが、目にごみが入ったときの痛さはつらいです

たんぱくで白くにごるのでたまに外して洗ってから付け直しが必要なのも難点です

白くにごる原因は分かっているのですが、対策があるとすれば、手の皮脂をつけないことですね

少し化粧をするのですが、粉が眼に入ったりしてそれも見えづらくする原因です

付け外しはまだ簡単にできないんですよ

目尻を引っ張るやり方が1番簡単そうなんですが、いまだにできません

ハードレンズを眼に入れてすぐ白くなるなら淡白除去が必要なんですが、とっておきの裏技とでもいうか

長年使っている人ならたぶんやっている

台所洗剤でレンズを洗うという方法があります

これならすっきり快適になりますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする